アナリスト
New York, United States

Biography

スティーヴン・グリーアはセレント・バンキンググループのアナリストで、ニューヨークを拠点としています。リテールバンキングとそのテクノロジーを専門分野としています。

セレント入社以前はSpringboard Research にて、中東やアフリカにおけるインターネットや通信テクノロジー市場に関する数多くのレポートを執筆しました。それ以前には、小規模な財務管理会社にて、顧客関係サポートや効率解析の最適化などに携わりました。

UCLAにて歴史学の学士号を取得しています。また、英語とスペイン語に堪能です。

Latest reports

  • 2017/12/04
    RBIは2011年にIntellectのQuantum Central Banking Solution (QCBS)の導入に踏み切り、世界最大の国家の中央銀行の近代化に取り組みはじめました。Quantumのシステムアーキテクチャは、迅速かつ合理的なワークフローを可能にするものです。この特…
  • 2017/11/13
    勘定系システムの大手グローバルベンダーにとって、米国は今もなお最も大きく最も魅力的な市場です。国内ベンダーの再編に伴い、既存の勘定系システムの開発に携わる人材が減った結果、グローバルベンダーにとってビジネスチャンスが生まれています。 本レポートでは、大手グローバルベンダーが北米向けに投入し…
  • 2017/10/04
    中南米の勘定系システム市場は独特で、ベンダーの動向も特有といえます。同市場では、一度大きな案件を成約すれば、長期にわたって収益性の高いビジネスを維持できるため、極めて戦略的なアプローチがとられています。 これまで中南米市場を席捲してきたのはローカルのベンダーでしたが、グローバルベンダーはあ…
  • 2017/10/04
    中南米の勘定系システム市場は独特で、ベンダーの動向も特有といえます。同市場では、一度大きな案件を成約すれば、長期にわたって収益性の高いビジネスを維持できるため、極めて戦略的なアプローチがとられています。 これまで中南米市場を席捲してきたのはローカルのベンダーでしたが、グローバルベンダーはあ…