シニア・バイス・プレジデント
San Francisco, United States

Biography

ニール・カタコフはセレントのシニアバイスプレジデントでアジア代表を務めています。アジアの金融業界全般、金融業界の販売チャネル動向、アンチ・マネーロンダリングなどコンプライアンス関連、業務継続計画(BCP)等を専門分野としています。

彼の執筆するアジアの銀行、証券、保険業界のIT投資動向についてのレポートは好評を博しており、また、大手金融機関、テクノロジーベンダーに対し、ビジネス、テクノロジー、コンプライアンス戦略についてのコンサルティングも定期的に行っています。

カタコフのコメントはメディアで度々とりあげられています。『ニューヨーク・タイムズ』『ウォールストリート・ジャーナル』『フィナンシャル・タイムズ』『ニューズウィーク』『タイム』『ビジネスウィーク』『日本経済新聞』、『南華早報』『ダウジョーンズ・ニュースワイヤー』『アソシエーテッドプレス』『アメリカン・バンカー』 『セキュリティ・インダストリーニュース』『ザ・バンカー』といった紙面で彼のコメントが引用されています。その他、『CNBC』『CNN』『テレビ東京』などのTVニュースでのインタビューや、北米、アジア、欧州各国の会議で講演者としても活躍しています。

セレントに入社する以前には、ソフトバンクの国際部門に属し、ビジネスならびにマーケ ティング戦略の方針を決める役割を担っておりました。それ以前にはソロモン・ブラザーズ・アジアの証券調査部門に在籍しておりました。東京、台湾に15年以上在住し、東京大学と台湾の国家図書館の共同研究に従事した経験も有しています。

カリフォルニア大学バークレー校の学士号、およびハーバード大学の修士、博士号を取得しています。母国語の英語のほか、日本語と中国語に堪能です。

Latest reports

  • 2017/10/24
    クラウドの効率性や拡張性、柔軟性は、AIやオープンAPIなどの最新テクノロジーを用いた革新的なモデルの土台となって、ガバナンス/リスク管理/コンプライアンス(GRC)のレベルアップへと導きます。 Amazon Web Servicesのスポンサーのもと、セレントは、金融業界におけるクラウド…
  • 2017/03/14
    フィンテックは急速に変化しており、アジアでも次々にイノベーションが湧き上がっています。2016年11月に香港で開催された「FinovateAsia 2016」では、11のフィンテック企業が注目のイノベーションを発表しました。 KEY RESEARCH QUESTIONS 1 市…
  • 2017/03/13
    中国の規制当局はここ10年間、銀行金利の自由化を段階的に進めてきました。中国の銀行にとって今後はリスクに基づく価格設定がコア・コンピタンスとなり、特に個人および中小企業の顧客向け商品・サービスのさらなる差別化につながるでしょう。 KEY RESEARCH QUESTIONS 1 中国における金利自由化はどの段階にあるか?…
  • 2016/08/21
    規制の厳格化とコスト圧力の増大は、金融機関の顧客確認(KYC)およびアンチマネーロンダリング(AML)業務に深刻な影響を及ぼしています。人工知能(AI)対応ソリューションを使うことで、現在抱えている課題の軽減、効率性の向上、コスト削減が可能になるでしょう。 KEY RESEARCH…