シニア・アナリスト
Chicago, United States

Biography

マイク・フィッツジェラルドは保険プラクティスのシニア・アナリストで、シカゴを拠点としています。損害保険における自動化、オペレーションマネジメント、保険商品開発を専門分野としています。最近のリサーチ課題としては、ビリング、ビジネスプロセス、オペレーションおよび販売マネジメントなどがあります。

セレント入社以前は、北米チューリッヒにおいて、エンタープライズアンダーライティングソリューション部門のバイスプレジデントとして、新商品開発プロセスをサポートする評価テクノロジーを指揮していました。また、Royal & Sun Allianceにおいて、地域事業本部長など、各社にて重要な役職経験があります。

フィッツジェラルドはノースカロライナのDavidson 大学にて経済学の学士号、またデューク大学のFuqua School of Business にてMBAを取得しています。また、Chartered Property Casualty Underwriter の資格、およびプロジェクトマネジメントプロフェッショナル(PMP)の資格を有しています。

Latest reports

  • 2017/10/04
    アクセラレーターは以前から存在していましたが、ここ数年でその数は増加しています。企業や投資運用会社はアクセラレーターとの提携を通じ、最新のテクノロジーを開発しているスタートアップ企業にいち早く近づこうとしています。 ほぼ全ての業界のリーディングカンパニーと呼ばれる企業たちは、アクセラレータ…
  • 2017/07/19
    テクノロジーを導入しないことに伴うリスクは、テクノロジーをいち早く導入することに伴うリスクより大きいとセレントは考えます。そのテクノロジーが顧客との新たなコミュニケーションチャネルとして、カスタマーエクスペリエンスの向上とコスト削減を可能にすることが確実であるなら、保険会社はそのテクノロジ…
  • 2017/04/18
    保険業界では、本当の意味でディスラプティブなイノベーションは多くは見られません。Slice Labsのケースは保険会社、保険分野のテクノロジープロバイダー、インシュアテック企業が自らのイノベーションの取り組みを評価する上でのベンチマーク的事例と言えるでしょう。 KEY RESEARCH…
  • 2017/04/03
    2016年にはイノベーションの動きがさらに加速しました。顧客ニーズの変化、デジタルトランスフォーメーション、リソース不足に伴う成長の必要性、事業環境をめぐる懸念は金融サービスを含むあらゆる業界に影響を及ぼしています。こうした変化によって、シェアリングエコノミーや新たな顧客価値を求める動きが…

Upcoming events