シニア・アナリスト
London, United Kingdom

Biography

ジョンはセレントの証券プラクティスのシニア・アナリストでロンドンを拠点としています。米国、英国、欧州におけるFinTech、革新的なテクノロジーを専門分野としています。

ジョンはこれまで、様々な金融業界の経営幹部と戦略策定、資本調達について議論し、コンサルティングを行ってきました。セレント入社前にはメリルリンチ、ゴールドマンサックス、Macquarie Capitalの投資銀行部門において勤務し、資本市場に14年間携わっていました。また英国、ロシア、中/東欧、アジア、アフリカで構成されるチームのリーダーでもありました。公/私債、官/民問わず、幅広い市場、金融機関に関する経験を有し、グローバル規模の資金の流れ、伝統的金融機関、ヘッジファンド、ソブリンファンドからの潜在需要について深い知識を持っています。

ペンシルベニア大学のウォートンスクールでExecutive Program を終了し、Sheffield University Management School の学士号を有し、英国、ウェールズにおけるACA資格者です。


Latest reports

  • 2018/03/27
    デジタルアセットは、新たなアセットクラスであり、その特性は資本配分(アロケーション)やポートフォリオ構築に大きな影響を及ぼすほか、全く新しい金融システムの構築につながるものでしょう。 デジタルアセットは、資本形成や資本配分(アロケーション)、ポートフォリオ構築の定義を見直すものであり、また…
  • 2018/01/31
    ECMは、投資銀行ビジネスの中で非常に重要な分野です。 大型IPO案件のグローバルコーディネーターやブックランナーといった業務は、多投資銀行に多額の収益をもたらすものです。 しかし、規制とテクノロジーの進展は、業界に変化をもたらしはじめています。英国ではIPOのシンジケート団に属さないアナ…
  • 2017/11/30
    トークナイゼーションと分散型インターネット(decentralized internet)は、デジタルコマースの新時代の到来と、Web2.0からの進化をもたらします。 本レポートは、分散化、トークナイゼーション、ICOを取り上げるレポートシリーズの第一弾です。 分散化やトークナイゼーション…
  • 2017/10/12
    2018年にMiFID IIが施行される前に金融機関が対処すべき重要課題の1つは、リサーチ費用のアンバンドリングです。 現在、金融機関が重点的に取り組んでいるのはコンプライアンスです。しかし、金融機関により大きな影響を及ぼすのはリサーチ費用のアンバンドリングでしょう。投資プロセス全体を具体…