シニア・アナリスト
Atlanta, United States

Biography

ジョアン・マッゴーワンはセレントのバンキングプラクティスのシニア・アナリストで、米国アトランタを拠点としています。リスク管理、コンプライアンス、データセキュリティ、アナリティクスを専門分野としており、特に、リスク透明度、データ可視化など、ディスラプティブな最新テクノロジーの、リスク管理の視点からの戦略策定を得意としています。

グローバル金融市場における成長/IT戦略に関する15年以上の経験を有しており、セレント入社前には、FIS Global、 Fiserv  やFICO等大手金融サービステクノロジープロバイダーでシニア・ストラテジストとして、グローバル銀行、地銀、中規模銀行、クレジットユニオンなどをサポートしていました。
BBC Newsのプロデューサー、The Economist グループの編集長を務めた経験も有しています。

Latest reports

  • 2018/03/14
    サイバー攻撃というのは巨大なものであり、各銀行がそれぞれ独自に対応できるような代物ではありません。 ある銀行がサイバー脅威を検知すると、他の銀行もリスクを未然に防げます。この点を見ても、サイバー脅威インテリジェンスの共有は、銀行にとって利に適ったものです。しかし、これまでのところ、銀行はタ…
  • 2017/11/30
    自行の従業員が不正行為を犯す恐れはありませんか? 銀行内部で不正を働く従業員は、優位な立場にいます。業務上の知識やスキル、プロセス、アクセス権限を悪用すれば、そのまま犯罪行為が可能になるからです。こうしたインサイダーの動きを把握するためには、AIや行動分析テクノロジーへの投資が不可欠です。 本レポートでは、内部不正行為が拡大する現状を考察し、こうした脅威への技術的な対応やその他の長期的アプローチを取り上げて推奨します…
  • 2017/09/12
    アフリカの金融システムにとってマネーロンダリングとテロリズムへの資金供与は深刻な脅威であり、銀行が準拠すべき規制の多さが問題をさらに深刻化させています。 トーゴ共和国を拠点にアフリカ全域で事業を行うEcobankグループは、33種類ものマネーロンダリングおよびテロ資金供与の防止(AML/C…
  • 2017/08/05
    既存の検知システムを全社ベースで統合するという考えは捨てた方がいいでしょう。セレントは不正およびマネーロンダリング防止関連データの統合はケースマネジメントの段階に進むべきと考えます。そこで、最新テクノロジーを使って集中型のケースマネジメントソリューションを開発している少数のベンダーに注目し…