シニア・バイス・プレジデント
San Francisco, United States

Biography

デビッド・イーストホープはセレントの証券プラクティスのシニア・バイス・プレジデントで、サンフランシスコを拠点にしています。世界の金融取引、各地の市場構造、電子取引テクノロジー、北米のリテール証券に精通しています。

キャピタルマーケット、リテール証券業界における戦略的重要性に焦点をおき、市場構造の進化、最先端のアルゴリズムトレーディング、リテール証券プラットフォームなどを専門分野としています。最近のコンサルティング課題としては、最新取引プラットフォーム開発および新たなマーケットセンターについての助言、取引コスト構造、アルゴリズム取引、OTCデリバティブ・プロセッシングについての、経営幹部およびITプロジェクトチームへのアドバイス等があります。

彼のコメントは、フィナンシャルタイムズ、Bloomberg、CNBC等、各種メディアで広く取り上げられています。

セレントに再入社する以前は、チャールズ・シュワブで戦略ディレクターとして、リテール証券分野での戦略プロジェクトに携わり、それ以前にはセレントでアナリスト、また、 Detwiler, Mitchell, Fenton and Gravesで機関投資家向けディーラーとして、競争優位性の確保、戦略的ビジネスプランの構築、顧客 追跡およびレポーティングの強化など、経営レベルの戦略プロジェクトを手がけました。それ以前には、Friedman Billings, Ramsey Groupでアソシエート・金融アナリストとして、投資用ツールを提供する金融テクノロジー企業を分析し、また、Raymond James & Associatesでは金融テクノロジー部門でシニア証券リサーチアソシエイトを務めていました。

イーストホープは、Vanderbilt UniversityでMBAと学士号を取得しており、サンフランシスコ証券アナリスト協会の会員です。英語とスペイン語に堪能です。

Latest reports

  • 2015/05/19
    In this presentation, originally a webinar, senior analyst John Dwyer and David Easthope, senior vice president of the Securities & Investments p…
  • 2014/10/06
    FX取引プラットフォームの市場ではセグメントの境界があいまいになり、競争が一段と激しくなっています。テクノロジーの進化と規制強化を背景に、競争の構図も変わりつつあります。セレントの最新レポート「FX取引プラットフォーム:ビジネスモデルの収束と競争の激化」は規制およびテクノロジー面の変化に伴…
  • 2014/04/09
    金融機関は今もなお、コーポレートアクション関連システムの見直しを促す様々な課題に直面しています。利ざやの縮小、規制強化の動き、市場インフラの変化を背景に、組織全体の効率性改善に向けた長期的な変革プロジェクトの策定を迫られています。今後、取引ライフサイクル最適化(TLO: trade lif…
  • 2013/11/19
    債券市場に参加している機関投資家が取引をマッチングするにあたっては、これまでセールス担当者の定性的判断と強気な戦術を頼りにしてきました。しかし、バーゼル規制により、バランスシートから流動性を得ることは難しくなり、ディーラーもバイサイドも債券取引のマッチングに分析ツールを利用するようになって…

Upcoming events