シニア・バイス・プレジデント
Boston, United States

Biography

ダニエル・W・ラティモアはセレントバンキンググループのシニア・バイス・プレジデントで、ボストンを拠点としています。公認証券アナリスト資格(CFA)を有し、消費者行動分析、イノベーション、テクノロジー戦略を専門分野としています。

彼のコメントはBoston Globe 、CNBC 、CNBCヨーロッパ、American Bankerなど、様々なメディアで引用されています。また、数々の業界会議において頻繁にスピーカーとして登壇し、CEOと中央銀行だけの緊密な会議から、数十か国からの参加者800人に向けての基調講演まで幅広く活躍しています。

デロイト、IBMでリサーチグループのシニアマネジメント、メリルリンチ、リバティミューチュアル、それ以前にはマッキンゼーのコンサルタントを務めた経験もあります。

ラティモアはハーバードケネディスクールにて行政学の修士号、ダートマス大学にて学士号を取得しています。英語のほかに、フランス語と日本語を話します。



Latest reports

  • 2017/08/23
    バンキングにおけるAIは様々な形式がありますが、金融機関の多くはまだそうしたテクノロジーの導入に踏み切っていません。まずは、AIが自行のどの部分に付加価値をもたらすのか、また具体的にどのテクノロジーから評価し始めたらいいのかを検討すべきでしょう。バンキングと人工知能(AI)についての記事は…
  • 2017/07/24
    デジタルバンキングの世界でPFM(パーソナル・フィナンシャル・マネジメント)という言葉がもてはやされるようになってしばらく経ちますが、実際にはあまり広く受け入れられていません。PFMをエクスペリエンスという視点から見直し、銀行が顧客のあらゆる金融エクスペリエンスに関与するためのステップをP…
  • 2017/07/12
    銀行を取り巻く人工知能(AI)の現実の姿を明らかにするため、セレントはデジタルに関するパネル調査を実施し、AIに対して銀行は今どういう姿勢でいるのかを問いました。AI関連プロジェクトを実施するにあたっては、その範囲とビジョンを慎重に定義する必要があります。AIに関わるステークホルダー、テク…
  • 2017/06/14
    最新トレンドをいち早くお届けする「フラッシュ・インサイト」レポートの第1弾は、銀行プラクティスのシニアバイスプレジデント、ダン・ラティモアが執筆しました。多くの金融機関がパーソナル・フィナンシャル・マネジメント(PFM)の導入を一大目標に掲げてきましたが、消費者はほとんど関心を示していませ…

Upcoming events