アナリスト
New York, United States

Biography

アリン・レイはセレント証券グループ、アジア金融サービスグループのアナリストで、ニューヨークを拠点としています。アジアの金融サービス業界全般をカバーしています。

キャピタルマーケット、ウェルスマネジメント、ブローカレッジ、外国為替取引、市場データ、取引システムを専門分野としています。最近のコンサルティングプロジェクトとしては、バンキング、資産管理、デリバティブ取引に関する、アジアの様々な地域の市場への新規参入戦略、成長戦略の策定などがあります。

彼のコメントはReuters、 Wall Street Journal、Financial Times、 Dow Jones、 Press Trust of India、 Economic Times、 Financial Express、 Finance Asia、 Global Investor Magazine、 Business Week、 Business Standard、 Asian Investor、 Pension & Investment、 Business week and Securities Industry Newsなどのメディアで度々取り上げられています。また、The Journal of Trading、 Advanced Trading、 Free Press Journal、 FT Asian Investment、 gtnews、 Ignites Asiaなどに署名入りの記事が掲載されています。

セレント入社以前は、スタンダードチャータード銀行のグローバルマーケット部門でインターンとして為替トレーディングデスクを担当しました。

バンガロールのIndian Institute of Management においてファイナンス専攻にてMBAを取得し、カルカッタのJadavpur 大学において、電子工学および電気通信工学の学士号を取得しています。
レイはベンガル語、ヒンズー語、英語に堪能です。


Latest reports

  • 2017/12/12
    規制とマクロ経済の進化は、伝統的なキャピタルマーケッツビジネスの収益性と資本利益率(ROC)に影響を与え、最終的にはビジネスモデルそのものを変えようとしています。一方、テクノロジーの進化は、新しいビジネスモデルや新規事業参入者の台頭を後押ししています。 本レポートでは、キャピタルマーケッツ…
  • 2017/11/30
    最近の人工知能やRPAの進化は、大幅なコスト改善や効率化のチャンスをもたらします。また銀行においては、全社レベルでの取り組みや包括的な分析が可能となります。 本レポートでは、金融犯罪対策用のテクノロジーソリューションの最新の動向、特にウォッチリストのフィルタリングと取引監視について取り上げ…
  • 2017/11/23
    規制強化に伴い、AIを活用したクロスアセット取引自動監視のニーズが世界全体で高まっています。本レポートは、サーベイランス業務の現状とテクノロジーのトレンドについて分析し、今後の予測を立てるものです。 セレントでは本レポートの執筆にあたり、バイサイドとセルサイドの金融機関や、市場インフラのプ…
  • 2017/07/19
    キャピタルマーケッツのポストトレード分野では、次世代テクノロジーや革新的なモデルを用いた新たなソリューションの開発が進んでおり、効率性の向上やコスト削減に欠かせないものとなりつつあります。クラウド、人工知能、ブロックチェーン、アウトソーシングや共同運営モデル。本レポートでは、こうした最新テ…

Upcoming events